口周りあごのニキビの原因と治し方

10代の頃のニキビはおでこや頬に出来ることが多かったですし、その頃のニキビは洗顔などで治すことが出来たのに、大人になってからのニキビは同じ場所に(特にあごや口周り)繰り返しできるし、なかなか治りませんよね。

 

あごや口周りのニキビはる生理不順や生理痛、子宮内膜症が原因ということもありますし、胃腸の働きが悪いとできてしまったりもします。

 

あごや口周りのニキビの原因

 

大人ニキビは乾燥した肌にできやすい傾向があるのですが、あごや口まわりはこの条件を満たしてしまう場合が多いためニキビが出来やすいとされています。

 

あごは男性ホルモンが活発に働く部位であるために皮脂分泌量が他の部位に比べるととても活発です。そのため毛穴がつまりやすく、生理前になると男性ホルモンの影響を受けあごニキビができてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

このホルモンバランスは日々の睡眠不足やストレスなどの生活習慣が大きく影響していると考えられていますし、内臓の不調やビタミン不足なども原因と考えられています。

 

また、月経前症候群(PMS)の症状が重い方もそこからストレスを感じニキビができる事もあります。PMSが重い場合はあごニキビだけではなく体の様々なところに影響がでる事がありますので注意が必要です。

 

あごや口周りのニキビの治し方

 

あごの周りのリンパの流れが悪くなることでもニキビが出来やすくなると言われています。生活習慣や食生活だけでなく肩こりなどにも注意が必要ですので、入浴時や睡眠前に軽くマッサージをしてみると良いでしょう。