鼻のニキビの原因と治し方

Tゾーンと言われるおでこと鼻の部分。やはりこの中でニキビが一番目立ってしまうのは鼻や小鼻のニキビではないでしょうか。跡が残ってしまうと後々目立ってしまいますし、イチゴ鼻の原因になってしまうこともあります。

 

鼻に発生するニキビの原因

 

鼻は顔の中でもっとも皮脂分泌量が多い部位ですので毛穴に皮脂やアクネ菌が溜まりやすく、炎症を起こしてしまう可能性も高くなります。

 

どちらかというと10代のニキビが出来やすい場所というイメージがありますが、もちろん大人ニキビが出来てしまうことも少なくありませんし、いったんニキビが出来てしまうと大量に分泌された皮脂にアクネ菌が集まり炎症を起こすこともあります。炎症を起こしてしまったニキビは陥没、毛穴拡大など跡が残りやすくなってしまうため、イチゴ鼻になってしまう恐れもあります。

 

10代の場合は活発な新陳代謝や、成長ホルモンの分泌による皮脂の過剰分泌が原因と考えられます、大人の場合はやはりホルモンバランスの乱れが一番の原因と考えられますので、生活習慣などから見直すことが大切です。出来れば、可能な限り悪化する前の白ニキビの段階で完治させてしまいたいところです。

 

スキンケア

 

気になってしまう場所ではありますが、強い刺激を与えないことが重要ですし、洗顔の際にも刺激を与えないように注意しましょう。また洗顔後は肌が乾燥していますので、保湿化粧水などで角質層の乾燥を防ぎましょう。

 

メイクや食生活

 

鼻のニキビを治す場合には、日々のメイクや食生活にも十分気を付けましょう。鼻にニキビが出来てしまった場合などは、ファンデーションの厚塗りは毛穴を塞ぐことになってしまうので薄く塗るですとか、ファンデーションは塗らずにポイントメークだけにするなどの工夫が大切です。

 

また、脂分の多い食事やお菓子・チョコレートなどの糖分は皮脂の分泌量を増やす原因となり、さらにニキビを増やし、悪化させる原因となりますので控えるようにしましょう。