ニキビに効く漢方

ニキビを治すにあたって体の内側から体自身の自然治癒力を高めることでニキビ対策を行うのはいかがでしょうか。

 

そこで注目したいのが漢方薬です。ニキビは毛穴が詰まることが原因で起こるのですが、大人ニキビの場合はホルモンバランスの乱れによる毛穴詰まりが原因であることがほとんどです。

 

ホルモンバランスが原因であれば内側からのケアも効き目があります。自分に合った漢方薬を見つけることで、体の内側からもニキビケアを目指しましょう。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

生理トラブルなどによく使用される漢方薬です。倦怠感・冷え性・貧血・むくみ・おりもの過多・肌のくすみなどに効き目があります。この漢方薬は疲れやすく(体力がない・冷え症)貧血ぎみ(色白で経血が少ない)むくみやすいタイプの方におすすめです。

 

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

 

肌質が脂性肌で顔全体に皮脂分泌量が多めの方や顔が赤く、手足の裏に脂汗をかきやす方に効果があります。また蓄膿症や慢性鼻炎・扁桃炎にも効き目があるとされています。

 

加味逍遙散(かみしょうようさん)

 

この漢方薬は血液循環をよくして体をあたためる一方でのぼせなど上半身の熱をさましてくれます。体が虚弱で疲れやすく、イライラや不安感をともなうときに効果を発揮しますので、どちらかというと女性向の漢方薬といえるでしょう。

 

またホルモンのバランスを整える効果も期待できますので生理不順や月経前緊張症・更年期障害などの症状に効き目があります。