おでこのニキビの原因と治し方

おでこは皮脂が際立って分泌しやすい場所ですのでやはりニキビが出来やすくなりますし、ついつい前髪などで隠してしまうことで悪化してしまい赤く腫れ上がってしまうことも多くとても注意が必要な個所なのです。

 

おでこニキビの原因

 

おでこのニキビは主に10代に多発する傾向があります。原因としては角栓による毛穴詰まりなのですが悪化してしまう最大の要因は内部に皮脂が溜まってしまい、その皮脂に集まってきたアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまうからです。

 

炎症を起こしてしまったニキビは長期化する恐れもありますし更にニキビ跡が残る可能性が高まります。初期の段階でどんなケアをするのかが大変重要になってきます。

 

おでこのニキビの治し方

 

おでこのニキビが悪化してしまう原因はアクネ菌の繁殖と外部刺激による炎症です。おでこにニキビが出来てしまった際には前髪がおでこにかかるらないようにしましょう。ニキビが見えてしまうのは恥ずかしいかもしれませんが、前髪がニキビに触れることで炎症をおこしてしまい治りが遅くなってしまうのです。

 

また部活動などで汗をかいてそのままにしておいてはいけません。汗をそのままにしておくというのはアクネ菌の増殖に繋がるのです。汗をかいたらこまめに洗い流すことも大切ですがその際にごしごしと顔を擦ってしまうと、ニキビを刺激し炎症の原因になりますので注意しましょう。

 

シャンプーやリンス、洗顔料をしっかりと洗い流すことも大切です。自分ではしっかり洗い流したつもりでも、それらが少しでも顔についてしまうことでアクネ菌は増殖を初めてしまいます。整髪料はシャンプーでしっかりと洗い流し、シャンプーも残らないように洗い流す。そして洗顔料も顔に残らないように心がけてください。