ニキビに効く洗顔の仕方

毎日する洗顔ですから、その中でニキビケアやニキビ予防をしていくことはとても大切です。

 

ニキビの原因は過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで起こります。洗顔でこの過剰な皮脂の分泌を洗い流すことがニキビケアの第一段階なのです。

 

普段自分がしている洗顔方法が本当に正しいのが確認してみましょう。

 

洗顔料の選び方

 

ニキビに良い洗顔料の条件として真っ先にあげられるのが弱酸性で肌への刺激が少なく、着色料や香料など入っていないものです。

 

人間の肌は元々弱酸性に保たれているので弱酸性の洗顔料は肌と合っており、バイ菌の繁殖しずらい肌環境を保つことが出来るのです。

 

毛穴の汚れを一気に落としてしまいたいとスクラブ入り洗顔料を使う方もいらっしゃるかと思いますが、ニキビが出来てしまった肌には、あのザラザラとしたスクラブの刺激がさらにニキビを刺激してしまったり、スクラブによって肌を傷つけてしまうことがりますのでニキビ肌の方にはあまりおすすめできません。

 

まずは下洗い

 

洗顔料で顔を洗う前にまずは顔をぬらさなくてはいけないのですが、温度に注意しましょう。最適な温度は34〜38度位のぬるま湯です。

 

水などですと皮脂や汚れが落ちづらくなりますし反対に温度が熱すぎると皮脂が落ちすぎてしまい、洗顔後に肌が乾燥し逆に皮脂分泌を促進してしまう恐れがあります。この下洗いによって肌の汚れは7割方落ちると言われていますので十分注意しましょう。

 

洗顔

 

まずは洗顔料を手に取り泡立てます。掌を使ってしっかりと泡立てることで細かな泡の粒子が毛穴の奥まで入り込み、ニキビの原因になる皮脂を洗い流してくれますし、泡が手と顔の間のクッションの役割を果たすことで肌が摩擦で傷つくことを防ぎます。

 

もし掌で泡立てることが難しい場合は専用のネットを使ったり、また最近では泡立てた状態の洗顔料もありますのでそちらを使ってみるのもよいでしょう。

 

すすぎ

 

すすぎは洗顔料の成分が肌に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。洗顔料が肌に残ってしまうとそこからニキビの原因になってしまうこともあります。

 

すすぎがおわったら清潔なタオルで優しく水気をふき取りましょう。決して擦らず、顔の水分をタオルで吸い取るようにポンポンとカルク叩くようにすると良いでしょう。